独特の特徴を持つタイプ

看護師

予兆が出たら受診しよう

太陽が照り付ける夏季には少なく、日照時間が短い季節になると発症するのが季節性のうつ病です。この種類では太陽光や、それに相当する光を使った高照度光療法を受けますと、改善に向かう場合が多くなっています。また、家族が亡くなったショックでうつ状態になることは知られていますが、溺愛していたペットが寿命を迎えた場合でも、うつ症状に見舞われることがあるのです。これはペットロスト症候群とも呼ばれ、心の落ち込みや喪失感、それに意欲が消えるといった症状が現れます。場合によっては獣医や自分を責め始めるケースもありますが、それをしたところで解決には至りませんので、辛い場合は精神科を受診しましょう。ただし、この種類はほかのうつ病と違い、新しいペットを飼うことで改善できるといった道も残されています。そして、発見が困難なうつ病には仮面うつ病があり、この種類は精神的な症状が殆ど見られず、体調不良が主症状です。そのため、本人は体を治そうと消化器内科や一般内科などを転々としますが、根本的な改善には至りません。そもそも各種の検査結果は比較的良好で、原因不明の身体不良が継続するのが特色です。メンタル的な原因だけでなく、うつ病はほかの病気の内服薬が原因で併発する場合もあり、この種類なら起因薬剤を中止することで大抵改善します。ですが、各内科医は薬の副作用としてうつ病が列挙されていることは知っていても、うつ病に関しては専門外です。例えば降圧剤などもそれに該当するため、もしも高血圧の治療中にうつ症状を自覚した際は、掛かり付けの循環器内科ではなく、精神科で診てもらうと良いでしょう。うつ症状は専門医に判断してもらうのが基本ですから、掛かり付けの先生に紹介状を書いてもらい、それを持って精神科医の所へ行くのが豆知識です。薬剤に起因するうつは通常のうつ症状はあまり見られず、せん妄に似た症状が現れたりします。特に高齢者に多いので、それも基本知識として押さえておきましょう。一方、うつ病が疑われる症状は色々な種類もありますが、とりわけ注意すべきなのが、今までなら楽しめた行動をしても、全く楽しくない場合や、興味自体を失った時です。これらはうつ病の基本的な症状のため、その予兆が出ましたら、お近くの精神科医に相談しましょう。

男女

発病すると出る症状

精神的な落ち込みをはじめ、不安感や焦燥感もうつ病の症状ですが、場合によっては一人きりになった時のみ、症状が現れる場合もあります。うつ病の原因は主に3種類あり、環境的要因と身体的要因のほか、発症率を押し上げる遺伝的要因も軽視できません。

診察

完璧主義は要注意

うつ病はストレスによって引き起こされることが多く、完璧主義など強い信念を持った人がストレスにさらされやすいです。うつ病予防策にも種類があり、遊んで憂鬱を忘れたり、ブログなどで心を可視化して弱っていないかを確認したりするのが効果的です。

医療

うつの特徴とは

うつ病には様々な種類があり、基本的に長期的な治療が必要となりますので、早期発見が重要です。また、信頼出来る医師やクリニックを見つけることも大切ですので、様々なクリニックに行って情報を集めるのも良いでしょう。

婦人

うつになってしまったら

うつ病は、症状によって様々な種類に分けられます。それによって処方される薬の量や種類も変わってくるため、診断のためのカウンセリングでは現れている症状や気持ちの変化などなるべく細かく申告するようにしましょう。

男性

コミュニケーションをとる

うつ病には大きく分けて2種類あり、大うつ病性障害と双極性障害に分けられます。自分でおかしいと感じていても頑張りすぎてしまうのが日本人の性格ですので、積極的に他者とコミュニケーションをとり、相談することをおすすめします。

Copyright© 2018 うつ病には種類がある【ほかの病気の内服薬が原因で併発する場合も】 All Rights Reserved.